GoogleMapのライセンスとは何か

ライセンスが統合されたGoogleMap

2018年の6月からGoogleMapsPlatformと呼ばれる新たなサービスが開始されました。
これまでAPIを使用していた方は料金システムが変更されるため注意する必要があります。

ライセンスにより、設定変更が必要になる場合があるからです。今回の新たなサービスで変更されたポイントとして、まず挙げられるのは従量制の料金体系に変更されたことになります。

利用する人は、地図にアクセスした回数などに応じて利用料金が発生することになるのです。

とは言っても、1ヶ月あたり200ドル分までは無料で誰でも利用することが出来ます。

こちらのGoogleMapのライセンスのクチコミ情報を求めています。

GoogleMapsPlatformはGoogleMapsAPIと比較して、料金体系がシンプルになって使いやすい状態になっています。

従来のライセンスは18種類に細かく分かれていましたが3種類に統合されてMapsとRoutes、Placesという3種類のライセンスになったのです。

料金体系もスタンダードプランとプレミアムプランが、従量制に統合されることになります。

GoogleMapsPlatformのサービスが開始してからは、年間利用料金などが発生しなくなるのです。



そして従量制となっているため、事務手数料や前払い手数料なども不要になります。



利用する人は使用した分だけが料金が発生するという非常にシンプルな料金体制になりました。

そして最も重要なことが、1ヶ月あたり200ドル分の料金は無料になることです。

このことにより、ほとんどの利用者は無料ライセンスで利用することが出来ます。


  • GoogleMapのライセンスのためになる情報

    • GoogleMapは誰でも色々な場所で使用することが可能で、使用することに対しては費用が発生しないと思っている方が多いです。スマートフォンなどで実際に特定の住所の地図を表示させたり周辺の背景をストリートビューなどを利用して確認するときには費用が一切発生しないのでライセンスのことを、あまり認識していないことが少なくありません。...

      detail
  • GoogleMapのライセンスの特徴

    • GoogleMapsは、目的地までの距離やルートなどを画面に分かりやすく表示してくれる地図サービスです。訪問先の企業や店舗の場所を調べる場合などに活用している方は少なくありません。...

      detail
  • GoogleMapのライセンスの最新考察

    • GoogleMapは非常に便利なマップとして知られており、企業の中にもグーグルマップの情報を参考に交通費を決めているところがあります。また、お店の位置などをお客さんに説明する際にGoogleMapを活用しているところも珍しくありません。...

      detail
  • GoogleMapのライセンスの意外な事実

    • GoogleMapのAPIを使用する際にはライセンスが必要となります。そのため多くの人が登録を行い使用しているものとなっていますが、実際には登録を行わずに使用できるものも存在しており、その利用方法は利用者によって異なるため、様々な問題を発生させることも少なくありませんでした。...

      detail