MVNOの特徴と注意点

MVNOと聞いてどれくらいの人が理解しているでしょうか、聞いたことはあるけど詳しくは知らないという人が多いことでしょう。
簡単に言うとMVNOの事業者から提供される格安simを契約することで、無線通信を利用できるようになります。
今迄は大手キャリアや提携会社と契約利用することで、ユーザーは無線通信を利用することができましたが、MVNO事業者は提携会社の通信インフラを借りることで、格安な料金で無線通信をユーザーに提供できるというわけです。

大手キャリアの通信費用が高いと感じている人にとってはとても人気があります。

通信費用が安いと品質が悪いと考える人もいますが、ドコモやauの通信網を使用しているので、大手キャリアの携帯電話と変わらない高品質な無線通信を利用することが可能です。



MVNOの利用者が増えてきた理由としては、本体価格がかなりリーズナブルなスマートフォンが登場したことや、携帯の通信費が高いと感じている人が増えてきたせいでしょう。

これまでは携帯会社が提供する端末や回線を利用して携帯電話を利用するのが当たり前でしたが、格安スマートフォンの登場でMVNO事業者が注目されるようになったというわけです。

MVNO事業者が提供する通信回線は、キャリアの携帯会社に比べるとかなりリーズナブルな料金で使用できるので、格安スマートフォンと合わせて使えば、かなりの費用を削減できます。


普段はメールくらいしか携帯電話を使用しない人にとっては、高額な通信料金を払うのはもったいないと思い始めたのも人気が出た理由でしょう。


キャリアの携帯電話では2年しばりなどがあるため解約をしにくいこともありましたが、プランによっては解約金がかからないのもMVNOの通信費が高いと感じている人が増えてきたせいでしょう。

MVNO事業者を利用するとどんなメリットがあるか気になる人もいますが、最大のメリットとしてはキャリアの携帯電話会社よりもかなりリーズナブルな料金で利用できることでしょう。キャリアの携帯電話会社の3分の1という格安な料金で利用できることもあるので、学生や主婦がキャリアの携帯電話から乗り換える人も沢山でてきました。

いろんなプランがあるので、自分のニーズに合わせて選ぶとさらにお得に利用できるのもメリットと言えるでしょう。

わざわざ店舗まで行かなくてもインターネットで簡単に契約ができることもMVNO事業者のメリットといえます。

解約する時も高額な違約金を払わされる必要がないのもメリットの一つです。



MVNOのデメリットというと、キャリアの携帯電話で使用していた機能が使えなくなることでしょう。



キャリアメールが使えなくなるので、フリーメールアドレスを取得する必要があります。

キャリアの携帯電話ならどこに住んでいても近くに店舗があることが多いので、何かトラブルがあればサポートしてもらえますが、MVNOは店舗があまりないのでサポートを受けられないケースもあります。