複数の通話定額オプションがあるおすすめのMVNO

一昔前ではMVNOの格安SIMサービスでは定額料金で通話を行うことができず、通話料は30秒ごとにおよそ20円という料金が従量制でかかっていました。普段からあまり通話をすることが無いという人であればMVNOと契約しても全く問題ありませんでしたが、ビジネスなどで音声通話発信をすることが多い人にとってはMVNOと契約することで逆に毎月のスマートフォンの料金が上がってしまうリスクがありました。

しかしながら最近では主要MVNOの多くで定額料金で通話ができるオプションが付帯できるようになり、音声通話発信を度々する人でも安心してMVNOと契約できるようになりました。

現在ではオプション料が月額850円で1回あたり10分以内の音声通話発信がし放題という内容のものが相場となっています。

MVNOの通話定額オプションは便利である一方で、相場に則ってオプション内容がほとんど一律であるため、1回あたりの通話時間がより短くて良いからもっとオプション料を安くしてほしいというニーズや、逆に1回あたり10分という制限が厄介だとニーズに応対しきれていない現状があります。


ですが何社かのMVNOでは通話定額オプションを複数パターン用意しているため、そのようなMVNOと契約することでより合理的に格安SIMが利用できるようになると考えられます。



通話定額オプションを複数パターン用意している代表的なMVNOとして真っ先に紹介できるのが、mineoというMVNOです。
mineoでは業界のトレンドである「月額850円で1回あたり10分までの通話がかけ放題」というオプションがあることに加えて、定額料金で毎月一定時間まで通話ができるオプションの取り扱いもあります。

一方が月額840円のオプション料で毎月30分無料通話ができるという内容となっており、もう一方が月額1、680円で毎月60分無料通話ができるという内容になっています。



音声通話発信回数は少ないものの1回あたりの通話時間が長いという場合には最適なオプションと考えられます。



オプションという形ではなく最初から基本プランに無料通話分が含まれているMVNOとしておすすめなのがUQモバイルです。

UQモバイルの「ぴったりプラン」というプランと「おしゃべりプラン」というプランは基本使用料に無料通話が含まれていますし、別途オプションの申込みをする必要もないので安心して通話ができます。

なお「ぴったりプラン」は契約内容に応じて毎月最大30分から180分の無料通話分がつき、「おしゃべりプラン」は1回あたり5分以内の通話がかけ放題という内容となっています。


この他のMVNOでいいますと、楽天モバイルでは月額850円で1回あたり5分以内の通話がかけ放題になるオプションと月額2、380円で時間や回数や発信先にかかわらず通話がかけ放題になる完全定額のオプションの取り扱いがあるため、時間に関係なく通話をしたいという人におすすめできます。