モバイルルーター、MVNOの選び方

インターネットを利用するにはネット回線が必要不可欠です。

自宅でインターネットを利用する場合、回線工事をするかモバイルルーターを利用する方法が一般的です。



回線工事をすればパソコンを有線で利用することができますが、住む家によって工事が出来ないなどの事情があります。

工事が出来ない場合はモバイルルーターを利用することになります。モバイルルーターはスマートフォンくらいの大きさで持ち運び可能な無線LANルーターです。

モバイルルーターはパソコンやタブレットなどの機器を無線接続することができます。
同時に複数の機器を接続することができて、自宅や外出先でも利用できることから近年利用者が増えています。


モバイルルーターは端末にSIMカードを挿入することで利用できるようになります。

SIMカードにはネット回線を利用する為の情報がチップに記憶されています。

通常はモバイルルーターの購入時にSIMカードもセットで契約するので、特に契約先を変更する必要はありません。
しかし、契約先のMVNOが料金形態やサービスの一部を変更したり、実際に利用したら回線が遅かったり等の理由で契約先を変更したい場合は別です。

MVNOは仮想移動体通信事業者の略称で、携帯会社が提供している回線を借りて、独自のブランドとサービスで商売しています。

基本的にMVNOが提供するSIMカードは音声通話非対応でネット回線のみ利用することができます。



モバイルルーターに通話機能は無いので、MVNOのSIMカードを利用するのが一般的です。
MVNOによって料金形態や回線速度が異なるので、モバイルルーターを利用する前に調べておくと良いでしょう。
MVNOの各社が提供しているSIMカードは格安料金タイプ、高速回線タイプ、音声通話対応タイプなどがあります。



モバイルルーターを利用する場合、料金を抑えるか回線速度を重視するかの2択になります。

また、モバイルルーター側で利用できる回線を提供していることが大前提なので、WiMAX非対応のモバイルルーターでWiMAX対応のSIMカードは使えないということに注意しましょう。

格安料金タイプは月間の通信量に制限があり、回線速度は標準から低速となっています。その代わり料金は月額1000円~2000円程度で利用することができます。

メールの確認やサイトの閲覧程度の利用ならこのタイプを利用すると通信費の節約になります。

高速回線タイプは回線速度が優れていること、月間通信量の制限が緩いことが特徴です。

月額4000~5000円と高いですが、動画視聴やオンラインゲームがメインで快適に楽しみたい人にはおすすめです。

MVNOは他にも独自のサービスを提供していることがあるので気になったら調べてみるのも良いでしょう。

新規契約や乗り換えを考えている場合、MVNOの各社がキャンペーンを実施していることがあります。
このキャンペーンを利用すれば端末代が無料になったり、キャッシュバックを貰えたりとお得です。