GoogleMapのライセンスとは何か

  • GoogleMapのライセンスを取得する必要性

    • GoogleMapsは、目的地までの距離やルートなどを画面に分かりやすく表示してくれる地図サービスです。
      訪問先の企業や店舗の場所を調べる場合などに活用している方は少なくありません。ウェブサイトなどに貼り付けて閲覧する人に対してルートや位置の情報を示す側と、GoogleMapsを使用する側の2種類のユーザーが存在します。

      その中でウェブサイトに地図を掲載して使用するときに、役に立つサービスをAPIと言うのです。APIは地図サービスを閲覧する利用者に対して提供するライブラリーで、GoogleMapsAPIには知りたいことをリサーチすることが可能なAPIピッカーなども提供しています。

      GoogleMapのライセンスの有益な情報を提供します。

      ただ単純に地図をウェブサイトに貼り付けるのに加えて、閲覧してくれた利用者にとって使いやすく役に立つウェブサイトなことをアピールすることが可能です。
      なおGoogle公式サイトでは何が可能になるのかや、どのようにして利用すれば良いのかを理解しやすくまとめてあります。他にも様々な方たちが情報サイトでスクリプトの解説や公開を行っているので初めて利用するときには、このような情報サイトを利用して何が可能なのか把握しておくのが良い方法です。



      ちなみに、APIはアカウントを作成しライセンスを取得しておく必要があります。
      APIを活用する場合に必要となるライセンスとしては、APIキーを得るという方法があるのです。これらのライセンスは、テストを行う場合にも必要なので前もって取得しておく必要があります。