GoogleMapのライセンスとは何か

  • GoogleMapはライセンス取得で活用法が広がる

    • GoogleMapは誰でも色々な場所で使用することが可能で、使用することに対しては費用が発生しないと思っている方が多いです。

      スマートフォンなどで実際に特定の住所の地図を表示させたり周辺の背景をストリートビューなどを利用して確認するときには費用が一切発生しないのでライセンスのことを、あまり認識していないことが少なくありません。
      ところがGoogleMapはライセンスを取得する必要となる場合があり、ライセンスを取得することによって色々な利用方法が可能になります。


      GoogleMapはウェブサイトを閲覧する人に地図情報や位置情報を提供するという目的があり、とても高い公共性のサービスとなっているのです。しかし中には会社が自社の従業員向けに特別な位置情報を共有したり、会社の中でだけ利用するときなどには色々な制限を設定することが必要になります。

      ライセンスを取得することで、この制限を設けるための措置が取られるようになるのです。

      他にも、もっと高度な機能を利用することが可能になります。

      GoogleMapのライセンスについて調べるなら、こちらをご覧ください。

      そしてGoogleMapが提供するライセンスを得ることによって、特定のユーザーに対して位置情報やそれ以外の情報を連携させたサービスを行うことが可能になるのです。



      地図情報や位置情報だけではオリジナリティを見い出せないと考えている会社にとっては、とても効果的に使うことが可能なサービスとなっていて競合他社と差をつける意味でも活用される訳です。