Skip to content

お中元をもらった後のマナーとは

夏の季節になると日頃の感謝の気持ちを込めてお中元を贈るという方は少なくありません。しかし初めてお中元をもらったという方は、マナーとしてまず何をすべきかわからないという方も多いです。そんな時は焦らずにお中元に関する基本知識を確認して対応することが大切です。お中元をもらったら出来るだけすぐに相手にお礼の連絡を返すことが重要です。

昔はお礼状を書くことが一般的でしたが、近年は電話やメールを利用して届いた当日にお礼の言葉を伝えることも珍しくありません。しかし正しいマナーは電話やメールでお礼の言葉を伝える場合も、お礼状は別で送ることが正式なマナーとなります。特に目上の方や、仕事などで日頃からお世話になっているという方は、失礼がないようにしっかりお礼状としてはがきもしくは手紙を出すことが大切です。お礼状を送るのは、できるだけ早くすることが大切で3日以内には送るように対処しましょう。

どうしても遅れてしまうという場合も1週間以内には相手に届くことが望ましいです。お礼状を出すポイントの一つにお中元を出す時期は暑中見舞いの時期とかぶるので、はがきや手紙の書き出しに暑中見舞申し上げますと一言添えることで、お礼を相手に伝えるだけではなく、相手の健康を気遣うことが出来る文面となり季節に合うお礼状にすることが可能です。もし手紙やはがきを出す時期が遅れてしまった場合は、暑中見舞ではなく残暑見舞いと文面に変えるように注意しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です