Skip to content

お中元の歴史と日付について

夏が近づくと、街のいろいろな場所で見かけるようになるお中元という言葉。季節のあいさつとして、親しい方やお世話になった方へ日ごろの感謝を伝えるための大切なコミュニケーションツールのひとつです。ですが、起源やルーツを知らずにマナーだからという理由で贈る方も多いと思います。お中元の中元とは、道教という中国三大宗教のひとつに由来する年中行事で、三元と呼ばれる一年のなかで上元、中元、下元という日の一日を指します。

中国仏教では、この日に祖霊を供養する行事を行うようになりました。原始仏教では祖霊供養の習慣はなく、中国で生まれた創作話であり、日付も中元に合わせた後付けとされています。道教を通じて日本に伝わり、江戸時代に、仕事で付き合いがある人やお世話になった人に贈り物をする風習として定着したといわれています。日本以外では旧暦の7月15日に行われることが多いですが、現代の日本では明治の改暦により、お盆のように、地域により新暦の7月15日または8月15日のどちらかで行われます。

地域差はありますが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日のお中元を月遅れと呼ぶこともあります。ほとんどの地域でお盆と同じ日付とされています。贈り物をする際はこの日付ちょうどではなくても、この日付までに贈ることが好ましいとされています。デパートなどで用意されている商品には旬の食べ物もあり、そういったものは厳密に15日までに贈らなくても喜ばれることが多いです。

お中元とは何かを知らないまま贈り物のではなく、歴史や意味を知り感謝の気持ちを伝えるのも良いと思います。贈る品物や贈り方だけではなく、気持ちをきちんと伝えることが今後の素敵な付き合い方になるのではないでしょうか。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です