Skip to content

定期的に感謝の心を伝える最良の方法がお中元

汗ばむ夏が来たらお中元ギフトを、新しい年の準備に忙しい12月になったらお歳暮と、年に2回セットで贈らなければならないわけではありません。両方必ず贈るのが一般的なマナーと受け止めがちですが、セットでの発送はルールではありませんし、片方だけでも失礼にもならないです。どちらかは贈りたいと考えるならば、年末の時期が来たらお歳暮を贈るようにします。理由は年間を通しての感謝の気持ちをギフトで贈る習慣だからであり、片方だけなら年度末に贈るお歳暮の方がベストです。

費用もかかることですので家計に負担になってはいけませんし、感謝はあらわしたいものの金銭面も考慮するなら、お歳暮だけでも構いません。知っておくべきことは一度お中元やお歳暮を贈るようになったら、1回きりで完結ではないということです。もしも1度でもお中元やお歳暮を贈るとなったら、翌年も継続をして贈ることになります。これからもずっと送り続けるわけではなく、お世話になったためこの年だけ贈りたいというなら、無地のしかもしくはお礼で贈ることです。

相手に対してのお礼のギフトですので、翌年もその先も送り続ける必要はありませんし、お返しの気持ちですから相手にも無駄に気を遣わせることにはなりません。ずっと送り続ける相手ならば、毎年の年間行事として組み込んで計画を立ててみることです。贈る年もあれば贈らない年もあると、受け取る側としても思い付きのようで落ち着きません。お中元などはお世話になった方への感謝の思いを、品物で定期的に伝える方法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です