Skip to content

お中元の意味や時期について

お中元という言葉は知っていても、正しいマナーは分からない人はいます。大人になると中々マナーについて聞きにくくなります。お中元は、日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるために贈り物をすることです。夏の挨拶の意味もあり、元々は仏教の祖先の霊を供養する日からきています。

それが江戸時代頃から、盆のお礼から親族やお世話になった人に贈り物をするという習慣になりました。お中元といっても、何を贈ってよいか分からないことも多いです。お中元は夏にする贈り物ということから、ビールやソフトドリンクなど暑いときに好まれるものを選ばれることが多いです。しかしお酒は飲まない人もいるので、事前に確認しておいた方がいいかもしれません。

贈る時期は東日本と西日本では若干違いがあります。東日本は7月上旬から15日頃で、西日本は7月15日頃から8月中旬頃までです。立秋を過ぎてしまうと残暑見舞いになってしまいます。金額は一般的に5千円程度になりますが、特別にお世話になった人や関係性によって金額は変わってきます。

何を贈るかも大切になってきますが、日頃からお世話になっている感謝を伝えることも大切になってきます。金額やものよりも、相手に気持ちが伝わるように配慮をすることが大切です。好みを把握しておくのが一番ですが、ある程度苦手なものを把握しておけば迷惑となるものは避けられます。インターネットで注文するときは、仕事でいない時間をさけるなど、時間指定をしておくのもいいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です