Skip to content

お中元の物品の配送事情

お中元は夏場において世話になった人に物品を贈って感謝の気持ちを示す慣習であり、現在はこの慣習を行うことが少なくなっていますが、それでも時期が来れば関連する業種は繁忙期に入ります。物品の販売については販売する店舗の増加と共に通販などでも取り扱いを行うようになっていて、入手する方法そのものは便利になっているのは間違いありません。特に通販は店舗に出向く必要が無いので自分の好きな時間に購入手続きを行うことができ、コストパフォーマンスが良くなっているので入手先の中心になっています。お中元の時期になると配達する荷物が急増することになり、既存の荷物と合わせて対応しなければならなくなるため、配送業者は完全には対応できなくなるでしょう。

これは車両数をこの時期にだけ増やすということができないという理由もありますが、最大の問題は配達するための人員が圧倒的に不足してしまうからです。これはお中元の荷物の配送は原則的に送り先になってしまい、その場所に向けて一個しか荷物が無くても配送しなければいけません。この宅配は配送業者にとって大きな労力になり、時間的な制限や交通状態などから解決ができない問題です。この問題の解決策として配送業者では期間限定で業務委託を行ってくれる運転者を募集したり、個人で営業ナンバーを取得している人に仕事を依頼しています。

このような元受けの会社に所属していない業者や人に荷物を配送してもらう方法を業務委託と言い、個数に応じて報酬を支払う方式が採用されています。この方法は時間給では無いので配送に時間がかかるとデメリットになりますが、同じ時間を使っても多く配送すれば報酬が高くなるというメリットがあります。お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です